川止めについて。

今年から鳴瀬吉田川入漁規則が変更になって川止めなしになったと思っていたんですが、組合側は今年も例年どうり川止めありの認識らしいとの情報がありました。
っつーか、去年までの入漁規則と比べればだれがどう見ても川止めなくなったものと思うはずなんですが。

平成25年入漁規則
平成25年入漁規則
去年までは赤枠の所で表記されていた項目が

平成26年入漁規則
平成26年入漁規則
今年からは削除されています。

毎年釣りやっている人は今年からなくなったんだ位の認識でしょうが、今年から始めた人は川止めと言われても何のことかすら分からないと思いますが。

今年はベテランの釣り人すら川止め無くなったとの認識で釣りしてるようですから、確実にトラブルが起きるでしょうね。って言うかもう起きてると思います。(今年は例年に無く釣り人が多いですし。)

去年までは八ケ村堰から上流(漁場概像図参照)は川止め期間中でも釣り可となってたんですが、今年は何処から上流なら釣り可って表記も無いですから本流で釣りしていいものかどうかも分かりません。っつーか、個人的には漁場概像図も分かりづらいんですけどね。
去年の川止め中に水芋堰堤で釣りしたんですが、そこは禁漁区だとの指摘ありましたし。(私は八ケ村堰=芋沢堰堤だとの認識なんで問題ないと思ってますが。)堰に大きな看板でもあれば分かりやすいんですけど。

トラブル回避のため7月までは本流での釣りは控えたほうがよさそうですけど、何かあったときの為に今年の入漁規則(今年から遊漁心得になってますね)は持ち歩いたほうがいいかもしれません。
こちらは正規の遊漁料を払ってルールどうりに釣りしてることを主張できますからね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。

ん? 大幅値上げになった代わりに川止め無しと思ってましたし、

多分みんなそう思ってますよ。

区間も期間も書いてないし困ったもんですね・・・

No title

>ん? 大幅値上げになった代わりに川止め無しと思ってましたし、

多分みんなそう思ってますよ。

ですよね~。
入漁規則は組合で作ってるんだろうし、例年どうり川止めありならあえて記載を削除する必要ないだろうと。
組合はなに考えてるんでしょうね?困ったものです。
プロフィール

釣りキチコブ平

Author:釣りキチコブ平
宮城県鳴瀬川水系をメインフィールドとしてる渓流釣り師(ルアーマン)です。シーズンオフには海釣りもやります。
釣りの腕は素人に毛が生えた程度。ちなみに猫好き。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
ブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR