管釣りデビュー

今日はK君に誘われて初めてのエリアフィッシングに行ってきました。

エリアフィッシングの醍醐味と言えば『大物とのファイト!』
いろいろな場所が釣り番組で紹介されているのを見て管釣りもしてみたいとは思ってました。
K君に誘われた後ネットで管釣りの情報を収集し、最低限ですが必要なスプーンなどを揃えつつ待ちに待った本日4月30日。
登米市にある「北宮城フィッシングエリア」にて管釣りデビュー!

朝8時過ぎに到着し、釣りの準備をしつつ営業開始の8時半から釣り開始。ちなみに料金は1日券で大人3800円(税込み)でした。
さて、期待に胸を膨らませつつ釣り始めたわけですがはっきり言って難しい!

事前の情報収集でエリアフィッシングではラインを見てアタリを取る(反応が微細すぎてロッドでは殆どアタリ取れない)ってのは知っていたんですが、実際にやってみると初心者にはまずラインの微妙な反応なんて判別できません。(その上今日はそこそこ風がありラインが結構たるむ。)
それでも朝一はスプーンに反応はあってなんとか小物2匹は釣れました。
が、2匹釣れた後はスプーンに全く反応無し。
今日用意していたルアーはスプーンが主だった為、この時点でもう殆ど打つ手なし。
ちなみにスプーン以外に用意していたのは セニョールトルネード(自作含む)とクランクベイトのみ。
手持ちのルアーではどうしようもなくなってきたのでもうこれしかないとK君から借りたルアーをキャスト。(釣り始めるときにK君から秘密兵器ってものを1個貸してもらってました。)
で、この秘密兵器が火を吹きました!
管釣り初心者の私でもなんとかアタリをとる事ができ、念願の大物ゲット!
管釣り釣果
生まれて初めてのレインボー(ドナルドソンかも)
今日はメジャー持ってきてなかったので実測は出来ませんでしたが50弱くらいだと思います。
この時点で釣り開始からすでに5時間くらい経過。大物とは出会えず本日終了かと思ってましたよ。

なんとか1匹釣れて安堵しましたが、K君はこの時点でこのサイズ以上のを2桁はあげてるんですよね。流石です。

にしても、このサイズ以上とのファイトは凄いですよ!もう魚が走る走る!掛けた後はドラグ鳴りっぱなしです。(ライン切られないように若干ドラグ緩めってのもありますが。)
川でこのサイズは殆どお目に掛かれませんし、ましてドラグが鳴るほどの走りなんて滅多に無いですよ。
この感触を味わってしまうと管釣りに嵌る人が多いってのも判る気がします。

この後も同サイズを2本ほど上げる事が出来たんですが、走りっぷりはどれも同じ!引き味は思いっきり堪能できますし、そしてエリアフィッシングで使っていいフックは全部バーブレス。なので気を抜くと即効でバレます。ネットに入るその瞬間まで全く気を抜けません。ドキドキしっぱなしです。

北宮城フィッシングエリアは自宅から1時間半くらいの距離で丸1日釣りすると5000円位かかりますから(飯代込みで)私はそうそう来ることは無いでしょうが、渓流シーズン終わった10月以降ならまた何回か来てもいいかなと思ったりもします。

さて、ここまでのファイトは期待できないですが大好きな鳴瀬川水系にも連休中に1回は行こうと思ってます。
何処へ行こうかな・・・

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

釣りキチコブ平

Author:釣りキチコブ平
宮城県鳴瀬川水系をメインフィールドとしてる渓流釣り師(ルアーマン)です。シーズンオフには海釣りもやります。
釣りの腕は素人に毛が生えた程度。ちなみに猫好き。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
ブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR