ウエストベルトの重要性を認識。

今日は朝一で水量チェックに鳴瀬本流明神堰へ。
予想はしてましたがやっぱり水少ないです。とりあえず竿を出してみましたがここではノーヒット。(水面に波紋は立ってるので魚は居るんでしょうけど。鮎かな?)
鳴瀬の水量が予想どうりなのでこんなときは保野川へ。(マンネリ気味ですが・・・)
いつもの場所から入渓し下流の淵まで釣り下り。
反応はイマイチでしたが半分くらい下った所で本日初ヒット。
P7220145.jpg
久々の岩魚さん。18cm。

その後淵へ到着。ここでは結構追って来る魚影は確認できるんですがルアー直前で見切って反転していきます。結構スレてきている感じでした。

今度は釣り上がり。スプーン&スピナーをひたすらキャストするもノーヒット。(追って来る姿は確認できます。)
入渓点に到着したので場所移動しようかと思ったんですが、退渓せず上流へ釣り上がることにしました。
しかし小堰堤まで全くの無反応。いつもならここで退渓なんですが、悩んだ末さらに上流の淵へ。
上流の淵へ到着するまでの間に本日2匹目のトラウトヒット。
P7220147.jpg
即効リリースの山女さん。約10cm。

そして久々の上流の淵。
P7220148.jpg
いい感じに見えるんですが結局ここでも反応無し。
今日はここで撤収。

今日のタイトル「ウエストベルトの重要性を認識。」
実は本日の釣行中に川で足を滑らせコケました。orz
浅い場所で転んだなら別にどうということは無いんですが、転んだ場所がちょっと深めで胸下辺りまで水に浸かってしまいました。
使用しているウェーダーがウエストハイだったので状況によってはウェーダーが浸水しそのまま流されてもおかしくは無かったと思います。
で、「ウエストベルトの重要性を認識。」
ceb790148ef3cb169f5150e4ca373458.jpg
このベルトをちゃんと締めていたおかげでウェーダーへの浸水が最小限ですみ、すぐに立ち上がることができました。

ウェーダーを履いた状況で川で転んだらまずいことになることは十分認識していたはずで、それなりに気をつけていたつもりだったんですが行きなれた場所って事もあり油断もあったんでしょう。
私は基本単独釣行なので(釣り仲間少ない&休みが中々合わない。)万が一の場合ってのはやっぱり怖いです。(今回は特に怪我とかも無く済んだので良かった。)
ちょっとの油断で大事に至ることがあるのでみなさんも気をつけて釣行してください。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

釣りキチコブ平

Author:釣りキチコブ平
宮城県鳴瀬川水系をメインフィールドとしてる渓流釣り師(ルアーマン)です。シーズンオフには海釣りもやります。
釣りの腕は素人に毛が生えた程度。ちなみに猫好き。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
ブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR