震災の教訓

親戚の家がやっと電気復旧しました。 オール電化の家だそうで、電気復旧まで家電一切動かず、死にそうな思いだったそうです。 自宅はプロパンガスだったので何とか料理はでき、暖をとるのも石油ストーブがあったのでいつもより少々不便だっただけで普通に生活できました。 普段だとオール電化はかなり快適なのでしょうが、今回のようなことがあった場合も考えてライフラインを一本のみにしてしまうのはどうかと考えさせられます。

今回、あって良かったと思ったのは 石油ストーブ←灯油があれば電気レスで暖をとれ同時にお湯も沸かせる。 発電機←緊急時の照明。テレビも見れました。ただし、ものによっては使用しないほうがいい家電もあり。(うちはファンヒーターが昇天しました。充電式のものとかも使用しない方がいいらしいです) 湯たんぽ←うちの祖母が重宝したみたいです。10時間くらいは暖かいようで意外に長持ち。 乾電池はいくらか買い置きがあったのでよかったです。やっぱり非常時の蓄えは必要ですね。

買っておけば良かったと思ったもの 手回し式充電器(携帯用)←携帯電話は充電出来なくてとっても不便でした。(ファンヒーター昇天の件もあり発電機に繋ぎたく無かったので) 被災地はまだまだ大変な状況が続いていますが、一日も早い復興を願っています。
スポンサーサイト

ライフライン復活

3月11日の大地震を境に停電していましたが、15日早朝にやっと復帰しました。(大崎市北部)    こちらの地域は大きな被害は無かったようですが、沿岸部は壊滅的な被害をうけ、現地の被災前を知っている者としては(釣りで牡鹿半島周辺によく行っていたので)言葉に出来ない衝撃を受けています。  地元では食料や燃料も満足には供給されない日々が続いてますが、こんな時こそ力を合わせ乗り切っていこうと思います。  震災から一日も早く立ち直り、また楽しい釣りができるようになるよう心から願っております。
プロフィール

釣りキチコブ平

Author:釣りキチコブ平
宮城県鳴瀬川水系をメインフィールドとしてる渓流釣り師(ルアーマン)です。シーズンオフには海釣りもやります。
釣りの腕は素人に毛が生えた程度。ちなみに猫好き。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
ブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR